仮設シャワーとは

  • HOME
  • 仮設シャワーとは

仮設シャワーとは

仮設シャワーとは

一時的に設置するシャワー設備のことです。一時的ですので仮設シャワーと呼ばれています。例えば、なにかしらの理由でシャワールームが設置できない場合などに仮設シャワーを利用します。最近は、サイズも価格もいろいろありますので好みをシャワールームを設置することが可能です。簡易的な小さなものから本格的なものまで揃っています。レンタルが基本ですので期間を選ぶことができます。 素材に関してはFRP製のものから溶融亜鉛メッキ鋼板まで様々ありますが、全てが耐水、耐蝕に優れています。また、浴室だけでなく脱衣所も備わっている設備もありますので、お好みで選択することができます。仮説といいますと、明るさを気にする方もいらっしゃいますが、屋根が彩光屋根となっており、自然光を取り入れるような設計ですので安心です。 設置する場面としては、ベランダなどに設置することもできます。そのほかには住宅をリフォームする時や増築する時などです。また、学校など公共施設でも活躍します。夏の海の家などでも毎年活躍しています。 運搬方法は、だいたいにおいては組立済みのシャワールームを運び込む方式ですが、場所によっては現地組立もあります。 仮設シャワーとはいえ、大きなものでは1坪サイズのユニットバスが設置されたシャワールームもありますので、ゆったりとお風呂感覚で入ることもできます。



仮設シャワーの特徴

仮設シャワーとは、屋外に設置するタイプのシャワールームのことです。屋外で問題なく使えるため、運びやすい軽量でコンパクトなつくりでありながら、耐水・耐蝕・耐久性に優れたFRP素材でできているのが特徴です。リフォームやイベントなどの短期間の使用だけでなく、長期間の使用でも問題なく使えますし、また、元々屋外用ですので、雨などの天候でも影響を受けることはありません。 仮設シャワーというと、簡素なつくりのものをイメージされるかもしれませんが、1畳程度の広さのものでも脱衣所が付いているものもありますし、浴槽やガス給湯器が付いているものもあります。また、組み立てるタイプの仮設シャワーは移動が更に簡単になりますので、屋内やベランダなどにも設置することができます。メーカーによっては、内部にタオルハンガーや棚、鏡などの備品が揃っていて、普通の浴場と同様に快適に使用することができるものがありますし、デザイン性に優れていて、店舗などで使えるものもあります。レンタルも購入もできますが、設置工事は業者に依頼する必要がありますので、製造メーカーに問い合わせるか、近くの工務店などリフォームを行っている業者に相談しましょう。



仮設シャワーのメリット

仮設シャワーとは、屋外に設置するシャワールームのことです。通常はリフォームや増築など、一時的に自宅の浴室が仕えなくなるときなどに設置して使用しますが、この他にも、イベントや海の家、キャンプ場、公園、災害時の避難場所など様々なところで活用されています。既に完成している状態のものを運んで設置するだけのタイプと、組み立てて設置するタイプのものがあります。 仮設シャワーのメリットは、移動・設置が簡単なこと、スペースをとらないことなどがあります。仮設シャワーは基本的に軽量で腐食に強いFRPで作られていますので、移動もクレーンやフォークリフトなどで簡単に行えます。設置は基本的に、ブロックなどの簡単な基礎の上に乗せるだけですので、短時間で使えるようになります。また、1畳程度の広さのものからありますので、ベランダや屋内、あまり広さのない屋外でも設置可能です。大きさや設備も様々な種類があり、高齢者向けのバリアフリーのもの、脱衣所が別についているもの、浴槽があるもの、棚や鏡などが付いていてパウダールームとしても使えるものなど、用途に応じて選ぶことができます。設置は業者に依頼した方が安心ですので、リフォーム業者などに相談すると良いでしょう。


トップへ